はめ殺し窓、嵌め殺し窓

はめころしまど

 はめ殺し窓(嵌め殺し窓)とは、物騒な言葉だが(「窓」とついているので、勘違いする人もいないだろうが)、建築業界で開け閉めができない窓のことをこう表現する。「殺し」は、「相手の長所を殺す必殺技」などと用いられるように、本来の動きや効果の発言を妨げること。ここでは、窓枠にはめられて、「開く」という窓本来の動きが妨げられているから「はめ殺し」である。

 英語ではfix window(固定された窓)で、当たり前すぎておもしろくもなんともない言葉。ただし、fix a windowとなると、窓を修理するという意味になるので要注意(これを読んでいる人の中には、アメリカで家を建てる人もいないだろうから、余計なお世話だが)。(KAGAMI & Co.)

関連用語