コロナ問題 総括2-2 「民度」または「自衛力」

ころなもんだい そうかつ2-2

 麻生財務大臣が「民度」という言葉を、「(欧米が感染爆発したのは)おめーらの民度が低いからだ」みたいな使い方をしたため、民度に対する風当たり(主に国内からの)が強くなった。おかげで、この特集を「民度」というタイトルから始めた私もなんだか居心地の悪い思いをしている。

 だからというわけではないが、「民度」という言い方がやや漠然としていることもあり、最近では私はこれにかわって「国民の自衛力」というより具体的な言葉を使うようにしている。まあ、どっちにしても言いたいのは、「上からの強制ではなく、国民自らが身を守った」ということである。

 総括前の「日本はダメだったか?」の項で述べたように、「日本自慢」をこころよく思わない人々は、今回の感染抑制にさいして「国民の自衛力」などは自慢できるほどではないと言いたいようだ。緊急事態宣言発表直前、国内外を問わず識者やマスコミは「日本政府は無策無能だ」という論調で一致していた。もし彼らの意見が正しくて政府が無策無能だったとしたら(当時から私はほとんど政府の批判はしなかったが)、これまで感染爆発が抑えられていたのは、国民が自ら感染を防いでいたのだろうと、私はシンプルに考えて「民度」という言葉を使った。そこへ緊急事態宣言で政府がある程度の方向性と危機感を示したことにより、国民の自衛力はさらに高まり「感染爆発は起こらない」と私は推測し、そのとおりになった。一方、「民度」が頭になかった人々は、政府がなにもしないから感染爆発するだろうと、私よりもっと単純に考えて大慌てした。しかし結果そうならなかったものだから、いまさら「民度が」などと言いにくいのかもしれない。

 評論家はよく「日本人は自分ではなにも行動を起こさず、政府の文句ばかり言っている」ということを言い、今回も同様の発言が見られたが、コロナ問題に関してはどうもそれは当てはまりそうもない。

 例えば、今となっては世界がその威力を認めざるをえなくなっているマスクだが、日本では、国会議員が誰もマスクをしていない時期、すでに多くの人がマスクを着けるようになっていた。つまり「多くの国民は、政府が指示しなくても勝手に自分たちで行動し、政府にたいして文句も言わない」というのが実情のようである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg