コロナウイルス問題について 18 早期収束予測、飲み会自粛、他

ころなういるすもんだいについて 18 そうきしゅうそくよそく

●海外の専門家が、中国のコロナウイルスの早期収束を予測的中させ、その成功例から、欧米でも早期に感染は収束されるだろうとの見方をしている。それはもちろん収束してもらわなければ困るし、外出禁止など厳しい措置を取っているところも多いので、徐々に収束していくことは確かだろう。しかしこの専門家は、中国における「マスクの急速な普及」という要素をその予測に加えているのだろうか。日本や台湾、韓国と違い中国では、日常のマスク姿は少なかったそうだ。YouTubeが人気の可愛い姉妹が、コロナ禍が起こる前の動画でそう証言している。今回の騒ぎで、日本からも送られるなどマスクが大量に市中に出回り、あの習主席もマスク姿で街頭に姿を現した。当時は海外からの「マスクなど役に立たない」という雑音もなかったので、マスクにすがる市民が多かったのだと思われるが、それが早期収束に役立ったことは疑いをいれない。「欧米の早期収束は難しい」という私の考えが誤りであり、その専門家の予測が正しいことを願う。

●東京都知事が昨日、バーやスナックなど夜間の飲み屋の利用自粛を要請した。何日か前に私が言っていたことだが、そのときにも念を押したように、そういう要請をするなら「飲み屋のみなさん、損失は補塡しますから、休業しても大丈夫ですよ」くらいのことは提案しなければならない。「支援(金を貸すってか?)」程度ではだめである。どれだけ有利な条件で貸したって、貸す方はたいして腹がいたまない。こういうときはみんなで「損」をしなければ。

●私は「思いやりマスク」をひとりで叫び、マスコミをはじめ、実は首相官邸にまで投書をしたが、だれも聞き入れてもらえない。政治家やマスコミは「いまでさえマスクが不足しているのに、ここでマスクをしろとあおったらたいへんなことになる」と思慮深く対処しているのだと考えたい。

●WHOは「健康な人にはマスクを勧めない」という見解をあらためて発表した。「医療関係者のマスクが不足するから」「正しい使用をしないとかえって危険」などの理由だ。それらへの反論はいやになるほどしてきたから、ここでは置くとして、政治家が誰もマスクをしていない(北海道知事だけだ)のに自分たちで勝手にマスクを着用している賢い日本人は、そんなWHOの「勧め」に耳を貸す必要はない。

(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg