この辞典の使い方(ホーム)「こ」で始まる言葉>コロナウイルス問題について 15

カテゴリー:特別コラム

 

コロナウイルス問題について 15 思いやりマスク運動

ころなういるすもんだいについて 15 おもいやりますくうんどう

 先日の「マスクの結論(13)」を、人に伝えやすい形でまとめてみました。

 

 みなさん「思いやりマスク運動」を広げましょう。

 「思いやりマスク」とは、「マスクは人からうつされないためでなく、人にうつさないために着ける」ということです。

 多くの日本人がこれまでもその気持ちでマスクを着けてきたはずですが、それをちゃんと意識して実行することが大事です。

 感染しているのに健康な人がいる現状では、すべての人が「自分が感染している」と考えて、人にうつさないようにマスクをすれば、「完全に」とは言いませんが、感染は防げます。

 研究者の中には「マスクには人からの感染を防ぐ能力はない」と言う人がいます。もしそれが本当なら、マスクを着ける意識を変えた人にとってはむしろ好都合です。マスクをしていてもうつる危険性があるなら、これまで通り、手洗いや洗顔をしっかり行う、密集空間へは近寄らないなどの防止対策をちゃんと行えばよいのです。マスクを清潔の保つこともこれに加えましょう。

 また「健康な人はマスクをするな」と言う人は、逆に言えば「感染したらマスクをしろ」ということですから、マスクが人への感染をある程度防止する能力は認めていることになります。「人からうつされない」ためではなく、「人にうつさない」ためなら、健康でも感染者がいる現状ではすべての人がマスクをすべきです。

 マスク不足が心配されますから、マスクを買えなくて困った私たちがしかたなくやっているように「布マスクを洗って繰り返し使う」ことを広めましょう。「うつされない」ために着けているわけではないので、洗うことで感染防止能力が少しぐらい落ちても問題ありません。粗末な手作りマスクだってOKです。そんなマスクでも、飛沫感染による人への感染は十分防げるはずです。

 

 ユーチューブやSNSを利用しているみなさん。ぜひ「思いやりマスク運動」を世界に発信してください。

 よろしくお願いします。

(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg