コロナ問題 総括前に2 日本はダメだったか?

ころなもんだい そうかつまえに2

 総括前に、もうひと言だけ!

 感染爆発を阻止したことで浮かれている日本人を戒めるつもりかなにか知らないが、このところよく目にするのが「日本人よ、自慢するな」という上から目線の論調である。その人たちが持ち出すのが「確かに欧米からみると成績はよいが、東アジア、環太平洋諸国と比較すると、人口あたりの死者数などはワーストに近い」というデータである。それは事実である。しかし、近隣諸国の成績がよい理由ははっきりしている。それは政府が早い時期から「強権」を発動して、防疫措置を講じたからである。その措置をどう見るかで、日本はダメかそうでないかの評価は変わってくる。

 中国のありさまにびっくりして、他の国々は出入国禁止措置を早めに講じ、ロックダウンを含む制限措置を行い、韓国や香港などではGPSによる感染者の追跡まで行っている(国民の同意があるようだから、それはそれでいいんですけど)。一方日本では、感染者が増加している国からの入国制限は遅れ、感染者が増えてきてもロックダウンもせず、感染者の国家による管理など話題にもならず(つまり自粛は本人まかせ。なんて国民を信頼している国だこと。そして国民を信頼した結果、今がある)……とそんな状態を続けた。だから海外のマスコミは「東京はニューヨークになる」と断言していたのだが、結果的にはそうはならず、「不思議だ」というわけだ。

 他国のような国家の強権発動を「よし」とするなら日本は、防げたはずのコロナの犠牲者を(少し)増やしたダメ国家かもしれない。しかし、国家の介入を最低限にとどめるというのがタテマエの自由主義国家の理念から見れば、「世界一のコロナ勝利国」と言ったってさしつかえないように思える。

 それでも日本人を「自慢させたくない」人々は、日本で感染爆発がなかったのは、「Xファクター(天然の免疫など)」の「ラッキー!」によるものだと言い張る。「Xファクター」については総括本編で詳しく分析するが、東アジア一帯の好成績を見ると、私もその要素を無視することはできないと考えている。しかし、今回の結果を「ラッキー!」なだけで片付けることはできないし、今後の対策にもたいして役に立たない。

 現在の成果を日本人が自慢したって、他国がすぐに真似できることはあまりなく、他国に売りつけてひと儲けできる商品もないので、「少しくらい自慢させてもらってもいいじゃない」というのが私の気持ちである。

(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg