この日本語辞典の使い方(ホーム)「け」で始まる言葉>けんか腰の意味

カテゴリー:言動、態度、表情、状態

カテゴリー:慣用語

 

喧嘩腰、けんか腰

けんかごし

 喧嘩腰(けんか腰)とは、けんかを始めそうな勢いという意味。「けんか腰の議論」などと使うように、互いに対等なけんかファイトが始まりそうな状況で用いられることが多く、カツアゲ(脅して金品を奪うこと)のように一方的な暴力で終わってしまいそうな場面では使われない。

「けんか腰」は、直訳すれば「けんかする腰」「けんかしはじめそうな腰」ということかと思われるが、けんかは腰ではできないので(柔道などは腰で投げろとは言うが)、この「腰」は「弱腰」「本腰」のように、ものごとをしようとするときの態度や姿勢を意味する。

「腰」は身体の重心に位置するため、「腰を落として歩け」のように「身体を安定させて」、「もっと腰を入れてパンチを出せ」のように「体重をかけて」といった意味で使われる。そこから、精神的な重心としても、その行為や状況への気持ちの重きの置き方(つまり、本気度)を表す語として使われるようになったものと考える。

 (KAGAMI & Co.)

関連用語